大阪弁クイズ Part 2  お薬の話 -子供言葉-

指示
2人で行われる短い会話を読んで、設問に答えてください。解答・解説は続きを読んでください。

父:何?虎太郎、ぴっぴ?
母:今日は学校休ますわ。
父:梅酢のましとかんかい、梅酢。
母:今どき、梅酢て😅😅😅

設問
虎太郎の病気は何ですか?
(ア) 風邪
(イ) はしか
(ウ) 口内炎
(エ) 下痢


解答:(エ)
解説:
 テーマは「ぴっぴ。「ぴっぴ」は今でも言うわな?もしかしたら言えへん⁉ しかも大阪弁かどうか定かでない ま、しかし大阪弁臭いな😅 主に小さい子供に対して使う。大人には普通の状況では使いません。して、その病名は?「下痢」や。語源も今となってはわからんな~。
 で、「ぴっぴ」のときは梅酢や。梅酢知ってるか?今の人らは知らんかもな。昔は梅干しとか家で作っててん。用は塩漬けすんのかな。シソとか一緒にいれてな。しばらくするとめっちゃからい(しょっぱい)汁が出てきます。これを梅酢言うんや。本来は調味料として使うんかな。とにかく、めちゃめちゃからいよ😟。ま、下痢とかやったら、これ飲まされとったな~😭。も、地獄やったけどな😭
 今みたいに、薬に色んなバリエーションあったわけでもなし、また軽い病気やったら医者なんかいかんと、俗に言う家庭薬ちゅうもんを利用したように思います。ま、昭和ちゅうたらそんな感じや😀

ブログランキング参加中です!
ぜひ、ポチっとお願いします!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました