大阪弁クイズ Part 2 昭和のおかん ◆食文化◆

指示
2~3人で行われる短い会話を読んで、設問に答えてください。解答・解説は続きを読んでください。

息子: この豚まん、だいぶ前から冷蔵庫入ってんねんけど、まだいけるかな?
母親
 ちょっとかしてみ。どれどれ… いけるよ。
息子
: ほな、食うで。

設問
母親は何をしましたか?
(ア) 豚まんを味見した。
(イ) 豚まんをにおった。
(ウ) 豚まんを蒸した。
(エ) 豚まんをレンジでチンした。


解答:(イ)
解説:
 まだ、賞味期限やら消費期限やらなかった時代。ある食べ物が、まだ食べれるかどうかはおあかんの鼻にかかってた😀 おかんがにおって、「まだいける」言うたら食べたし、「あかん❗やめとき❗❗」言うたら食べへんかったな。おかんの基準で食う食わん決めても、腹痛にはならんかった。ま、昭和の話です😀

ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

  1. 蕎麦は信州 より:

      春先の花粉症真っただ中で風邪ひいて、1~2か月全く嗅覚を失いました。
     一時的なものだと思ったのと、その後少しずつ戻ってきているので医者には掛かりませんでした。
     どうせ色々検査して「加齢に因るものです」とか「年相応です」と言われるのがオチだろうし。
     ってな訳で、半年たっても未だ完ぺきではないので、臭いで鮮度を確認するには勇気がいります。
     次は視覚です。
     出し汁とかは濁りがないか、煮物などは糸をひかないか、等々。
     で、最後は舌で(笑)。

  2. Blue より:

    ほんまに危ないものは食べられませんよね。
    臭いとか、味がおかしいとかのまえに、
    これは食べたらあかんって身体が言うような感覚です。(笑)

  3. 大阪太郎 より:

    >>2
    お久しぶりです。確かに。やばい食べもんたくさんありますからね~。

  4. 大阪太郎 より:

    >>1
    私もいろいろ悪いところが出てきました。もう年ですな(笑)。

タイトルとURLをコピーしました