アメリカ紀行4 ちょっと番外編  広大な土地

 アメリカは何かにつけてbigです。食事も車も、そして土地そのものも。ワシントン州は多くの部分が農地または草原でございます。アメリカの人口は現在3億人ぐらいですかね。あの広さですからね。3億程度でしたらまだまだ余裕がございます。
IMG_0615
IMG_0616
大草原の小さな家みたいな感じでですよ。私のお気に入りの風景です。こんな感じのところがたくさんありました。やっぱ、広い国やな~というのが感想でございます。

ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

  1. 蕎麦は信州 より:

    東京以外は何処も皆人口が減るんだとか。
     行きつけのスキー場でも民宿が外国人に買われて「B&B」に。
     まぁ、人寄り場所はまだしも、過疎で消滅する自治体も。
     管理されないと草原の一軒家どころか、草木に埋もれた廃屋ですからねぇ。
     昔よく止めてもらったオリーブの島の別荘。
     先日ふと思い出して「Google Map」の航空写真で見たら、鬱蒼とした樹木の中にちらっと屋根だけ写ってました。
     当時近所にあったはずの某企業の保養所は見当たりませんでした。
     今思うと家主さん、バブルの終わりかけの頃グッドタイミング手放しはったなぁ。
     先日夜遅くのTVで100万以下で手に入る物件の紹介をやってましたが、如何せん遠すぎる。
     病院通いの身に、田舎暮らしはもう不可能ですわ(涙)。。

  2. 大坂太郎 より:

    まぁ、外国人に日本の物件がたくさん買われてますな~。

タイトルとURLをコピーしました