東西文化対決 散髪屋編

 2・3日前、散髪行ってん。最近はやりの1000円でやってくれるとこですわ。安いし、決して雑いことないし3週間に一回ぐらいは行きますわ。
 行ったら、いつもとちゃう若い衆。見た感じ大阪っぽくないな~と思たら、やっぱり東京モンやった。何でも東京の店から応援にこさされたみたいや。応援て😅 もちょっと近場でなんいんかいな😅😅
 ま、それはさておき、これはええ機会や👍 さっそく、東京モンにリサーチや。東京と大阪の違いを聞いてみた。彼曰く:

①大阪のお客さんは強い。
→強い⁉ これは、口調とかが強く、強引に感じられるいうことやろ。

②注文が多い。
→東京では、まずお客さんはあれやこれやと注文はつけんようや。大阪では考えられんの😟 

③バリカンの深さに0.8ミリがある。
→東京では3ミリが一番薄いらしい。あと3の倍数で6ミリとか9ミリになるらしいが、大阪ではぐちゃぐちゃみたいや。2ミリあり、3ミリあり、5ミリあり、そして薄いのが0.8ミリ… これはビビるな。私も知らんかったな~。1ミリが最高や思とったけど。

④耳の毛を剃る。
→ここのお店では、なんかちょっとした道具で耳の毛を剃ってくれます。東京ではこれは絶対やらないそうや。大阪でもあんまり見いへんよう気がしますが。

と、まぁ、こんな感じや。①と②なんかはもしかしたら、世間で言う大阪人像と結構マッチングしてる⁉ ③は散髪屋業界の違いやな。なかなかおもろい。あと、④に関して。同じチェーン店で東京の店になくて、大阪の店にだけあるサービスがあるのであれば、間違いなく大阪のサービス精神やな。やっぱり商売の街やな~😄 ま、客もうるさいようやし😀 店側もそこは考量して大阪限定サービスを用意してはんねやろ。おまけ商法もこの延長線上にあると思われますな。

ブログランキング参加中です!
ぜひ、ポチっとお願いします!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

  1. 大阪人 より:

    いつも拝見しております。0.8ミリですか… 大阪生まれの大阪育ちですが、知りませんでした!ほとんどスキンヘッド状態ですな。

  2. 大坂太郎 より:

    コメントありがとうございます。まさにスキンヘッドですね。

タイトルとURLをコピーしました