岬町界隈 その5 淡輪駅周辺  ◆車で行こう!◆

 本日の車で行こう!は岬町の続きです。深日港を出発して淡輪駅を目指す途中の船守神社まで、先週はご案内いたしました。本日は淡輪駅まで参ります。
 船守神社から淡輪駅まではすぐです。まぁ、5分もあれば。南海電車の駅ですよね。南海電車の駅はなかなか見る価値がある建物がありますね。淡輪駅もその一つです。
淡輪駅1
淡輪駅2
どうです?なかなかでしょ。駅のすぐ裏手に古墳があります。
宇度墓古墳
宇度墓古墳と言います。埋葬されている人物は定かではありませんが垂仁天皇(すいにんてんのう)の皇子、五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)とされています。やっぱ、和歌山の紀氏と関係ありますかね。


駅の周りを今度は歩いて見て回ると、淡輪邸跡という標識があります。
淡輪邸跡
このあたりの豪族淡輪氏の屋敷があったんですかね。安土桃山時代、当時の当主の娘が豊臣秀次の側室になりましたが、秀次が処刑されたおり、秀次ゆかりの人たちも斬首されました。淡輪氏の娘も例外ではありませでした。その後、淡輪氏も所領を取り上げられました。厳しい~😟
 次週は深日港を起点に和歌山方面へ参ります。

ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました