大阪弁クイズ Part 2 カツカツ -大阪風オノマトペを学びましょう-

指示
2
人で行われる短い会話を読んで、設問に答えてください。解答・解説は続きを読んでください。

女:お父ちゃん、今月カツカツやわ。こづかい2万でええやろ😀。
男:え~!そんな殺生な~。わしかていっぱいいっぱいやのにな~😟。
女:来月はちゃんとするがな🤩

設問
女性によれば、今月はどのような状態ですか?
(ア) 家計は赤字である。
(イ) トンカツが毎日食べれるぐらい余裕がある。
(ウ) 実は主人のこづかいは減らさなくても、何とかやっていける。
(エ) 主人のこづかいを減らせば、なんとかやっていける。


解答:(ウ)?
解説
 こら、むつかしいわ~。感覚的には(エ)と思た人も多いかな。「カツカツ」というオノマトペがテーマやけど、本来持ってる意味は「ぎりぎりの線で何とかやっていける」という意味だと思います。会話全体は、ある月の家計の話をしていると思われます。毎月の支出は予期せぬ出来事がない限り、ある程度一定のはずですから、ぎりぎりの線であっても何とかやっていけているはずですよ。でない場合は「お父ちゃん、今月赤字やわ。こづかい減らすで~。」と、なるやろ。そういう意味では、嫁はんにうまいこと丸めこまれとるな😅。解答的には(ウ)でええと思う年けど。大阪人も「カツカツ」言われると「ぎりぎりを越えている状態」と感じることもあるわな。「いっぱいいっぱい」も同義語やな。以前、芸人がよう使いよったけどな。「いっぱいいっぱい」はかつて大阪商人が好んで使った言い回しやと聞いたことがあります。
 また、「カツカツ」はいろんな場面に使えます。「このスペースにこの車入るかな?」「う~ん、カツカツやな。ほかさがそ。」みたいな感じです。結構、むずかしやろ‼

参考文献:「キュッと曲がって90°! 関西オノマトペ用例集」 
       豊島美雪とこそっと関西オノマトペ研究会著
       組立通信

※この本、めっちゃおもろいで😄

ブログランキング参加中です!
ぜひ、ポチっとお願いします!

大阪府 ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました