阪急百貨店 庶民の味方  -大阪企業列-

 阪急百貨店は知ってるか?ここも東京にも店舗ありますが、圧倒的に関西圏に店舗が集中してますな。ま、そらそやわな。阪急電鉄とセットですからね。
 今日は阪急百貨店の話。阪急百貨店は現在、阪神百貨店と合併して株式会社阪急阪神百貨店の経営になっています。ま、統合後も阪急百貨店は阪急百貨店、阪神百貨店は阪神百貨店としてはにごともなっかったかのように営業してます。もちろん、阪急百貨店の総本山は大阪の梅田店でございます。
 阪急百貨店は日本初のターミナルデパートとして有名です。もちろん、阪急梅田駅とのセットでございますよ。特に、大食堂はカレーライスなどの洋食をリーゾナブルな価格で、一般庶民に提供するなど方針をとりました。大阪での洋食文化普及に大きく貢献することになっそうや。
阪急大食堂
また、昭和恐慌の折りには、ライスだけの注文も快く受け入れるなど、結構、庶民の味方的発想で経営を続けていたようです。
  ちなみに、宝塚歌劇団もこの阪急グループに属していますよ。これも人々に娯楽をというテーマから設立された。のちに東京に進出した宝塚歌劇団が東宝という映画会社になったことをご存知か?やっぱり、一般大衆に対する娯楽を提供するということにこだわっているよう思えますな。
 時代は変わって、近年の阪急百貨店は高級感がございますな。とりわけ、ファッションに関しては関西の百貨店では一番だと考えられています。それは、阪急メンズ館などの運営から見てもわかりますね。男性専用のファッションビルですよ。あんまりないやろ。
 そんなわけで、男性の皆様、特に40代・50代のお父さんに言いたい😀 ぜひ阪急メンズ館へ行っていただいて、男を磨きましょうね👍

ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました