ハチ食品株式会社 日本最古のカレー粉 -大阪企業列伝-

 この間、ハウス食品のところで、ちょっと話に出たハチ食品について今日は話しましょう。ハチ食品はもともとは大阪の道修町(薬問屋の街)の薬問屋で、二代目の今村弥兵衛のときにウコン粉が世に認められます。第五回内國勧業博覧會においてでございます。この博覧会は大阪で開かれました。今は通天閣とかがある地域でございます。

 ウコンをベースに独自にスパイスを調合したんでしょうね。1905年、日本初のカレー粉を誕生させたようですよ。商品名も蜂カレー。明治時代の初めにカレーは提供されていたようですが、まだまだ高価なもので庶民の口にはなかなか入りません。ハチ食品が販売したカレー粉が使われるようになり、カレーの一般大衆化に大きく寄与したもとと考えられます。その後、大阪では1910年に自由軒という西洋料理店が開業。ここの名物は混ぜカレーと言います。今は観光客でいっぱいですよ。

 その後も、カレーにソースをかけるとか、生卵かけるとか、カレーというかカレーライスは独自の進化を遂げます。その陰にはハチ食品のカレー粉の存在があったことは言うに及びません。

 現在、ハチ食品はカレー粉のみならず、レトルトカレー、スパイス、パスタソース等々。ここのレトルトカレーは定評がりますよ。また、業務用のカレーも有名ですよね。今後も、大阪人が「うま~!」というような味を期待してます。


ハチ食品株式会社:http://www.hachi-shokuhin.co.jp/

ハチカレー
ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

  1. 蕎麦は信州 より:

      一時流行った「へぇ~、へぇ~」って奴思い出しました。
     ハチよおまえもか?
     それと「医食同源」って奴も。
     昼飯はカレーにしよっと。

  2. 大阪太郎 より:

    やはり、蕎麦は信州さんは奥が深いですね~。

タイトルとURLをコピーしました