大阪弁クイズ -夏のハマグリ-

  はい、こんばんは。

大阪弁のフレーズを与えますから、それに対する正しい対応を選択肢から選んでください。
解答・解説は続きから見れます。

 ほな、今日の出題いきましょ~。第8問やな。
今日のはちと難しいで~。商店街店主なんかの会話イメージしましょう。

オッチャン:あぁ、また、夏のハマグリか。うまいこといかんの~


 なんや、ちょっとぼやいてはりまなんな~。これ何のことかな?みなさんならどう応えはります?

ほな、選択肢です:

 (ア) ほんま、うまないわ。
 (イ) まぁ、商売っちゅうもんはそんなもんやがな。
 (ウ) ほんまに、足はやいなぁ。

解答:(イ)
解説:
「夏のハマグリ」がテーマやで。これは昔の商売人はつこた商売用語。まぁ、隠語ですわな。夏場のはまぐりは直ぐに腐ります。貝の中身(身)は腐りますが、貝殻は腐りません。これを大阪弁で言うと「身腐って、貝腐らん」となります。引っ掛けて、「見くさって、買いくさらん」となります。「~くさって」は「~しやがって」などの標準語に、そして「~しくさらん」はその否定形で「~しやがらない」ぐらいの意味な。したがって、「見るだけで、買わない」という意味のしゃれですね。解答的には(イ)で問題ないですね。ただし、今どきの商 売人がこんな表現つこて商いやってるかはあやしいけどな~。もしおったら粋やで~


人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました