大阪弁クイズ Part 2 火事や~! -しゃれ言葉-

指示
2~3人で行われる短い会話を読んで、設問に答えてください。解答・解説は続きを読んでください。

女:かっちゃんとこ、えらい不渡り出してんてな😟
男:そやがな~。かわいそうにな😖 5千万やて。助けてやれるもんやったら、なんとかしてやりたいけどの😅
女:5千万‼ ホンマ~。そら袖口の火事やな。

設問
女性は2回目のセリフでなんと言っていますか?
(ア) かっちゃんの家には着るものが全然ない。
(イ) 不渡りを出したとたん、かっちゃんの周りから人が去って行った。
(ウ) かっちゃんの境遇には同情するが、どうにもならない。
(エ) かっちゃんの商売の仕方が悪い。


解答:(ウ)
解説:
 「袖口の火事」な~。ま、着物想像してな~。着物のあの広い袖、時には手もその中に入れれます。ここにもし火ぃついたら、どうなる。ま、最後には全身丸焼けになるかもしれんけど…😅 ま、そういう想像やなくてや。まずは、袖の中に引っ込めた手ぇを出そうにも出せません。つまり、「手が出ない」という意味のしゃれですわな。この会話では、「どうしようもない」とか「どうにもならい」という意味で使われていますね。
 ほんま、昔の人はうまいこと言う😀

ブログランキング参加中です
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました