大阪弁クイズ Part 2 新鮮ですね~! -食文化編-

指示
2~3人で行われる短い会話を読んで、設問に答えてください。解答・解説は続きを読んでください。

男:ねぇ~ちゃん。ちょっとフレッシュ持ってきたって~。
女:あ、すません。はい、どうぞ。
男:お~きに、お~きに。

設問
男性はおそらく何をしていますか?
(ア) 英語の勉強をしている。
(イ) ケーキを作っている。
(ウ) コーヒーを飲んでいる。
(エ) 魚をさばいている。


解答:(ウ)
解説:
 「フレッシュ」を持って来い??なんじゃそれ?と思うあなたは関西圏or中部圏の人ではありませんね。フレッシュとはコーヒーミルクとかコーヒークリームというやつです。この呼び名が関西で普及しているのは、メロディアンという会社が、コーヒーフレッシュ メロディアン・ミニという商品を販売したのがきっかけでしょう。メロディアン・ミニは知ってるな?コーヒーに入れるミルクですが、コーヒーカップ一杯用に小さなケースに入ってるやつです。このコーヒーフレュシュは大阪では家庭用のコーヒークリームとして普及してきたと思います。喫茶店でも、家庭用のコーヒーフレュシュが普及してから、コーヒーフレッシュと呼ばれるようになったと思ます。以前は喫茶店ではミルクかな。家庭では以前は、もちろんクリープですよ。今でもあるでしょ。
 しかし、喫茶店が全盛の頃は、このフレッシュという言葉、よう聞いたように思いますが。現在はどうなんですかね~?最近、喫茶店行けへんよ~になったんで、ようわかりません。しかし、最近のカフェ(たとえばスタバ)みたいなとこでも、フレッシュ言うんかな?これってあんまり考えたことないねんけどな。
 ちなみに、中部圏では名古屋製酪のスジャータがフレッシュという言葉の普及に貢献している😀

ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

  1. ゆうゆう より:

    そのスジャ-タは 実在の人で 昔々 お釈迦さまに 旅の途中で 牛乳を 差し上げた人の 名前らしいです レアネタですみません ありがとうで 浜村先生が 言ってました

  2. 大坂太郎 より:

    いい勉強になりました。

タイトルとURLをコピーしました