サントリー 水と生きる  -大阪企業列伝-

 今日は「水と生きる」を企業理念にしているサントリーのお話をしましょう。最近は食品関係の企業の会社に凝ってますので、その関連で今日は大手企業のお話をば。

 サントリーの創設者は鳥井信次郎ちゅう人です。これは知ってるな。この方は若干二十歳の時に大阪でワインショップを開きます。時に1899年のことですね。その後、1907年には赤玉ポートワインという国産ワインを発売します。赤玉ワインは今でもあるやろ。大きな声では言えませんが、中学生の時(もう30年以上も前)、こそっとこれ飲んだことがあります。甘いワインやな~と思いました。これが初めて私が飲んだ酒でございます まぁ、ちょっとなめたぐらいですが😀

 ワインでは飽き足らず、信治郎はウイスキーづくりを画策します。皆には止められたようですが。うまいウイスキーを作るにはよい水が必要。そんなわけで水さがしの旅に。結果、見つけたのは京都と大阪の間にある山崎です。ここの水がよかったんやろな。複雑な地形に加えて、山崎の気候などが重なってよい水を作り、ウイスキーづくりにはうってつけの場所やそうです。有名な焼酎いいちこも宇佐という街で作られていますが、焼酎造りにはこの宇佐の気候やら地形やらがうまく絡み合って、焼酎造りには最高の場所となっているようですね。そして、時に1929(昭和4)、サントリー白札ウイスキーが完成。販売に至ります。謳い文句は「目覚めよ人!舶来盲信の時代は去れり 醉はずや人 吾に国産至高の美酒はあり!」やそうです。洋酒も国産や。その後もサントリーウイスキー角瓶、サントリーオールド、トリスウイスキー、山崎などのウイスキーを発売。一方で、2代目社長・佐治敬三(信治郎の次男)の時代にはビール事業にも参入。純生という商品がヒットしました。現在はモルツとか発泡酒の金麦とか有名ですよね。


現在はノンアルコール飲料水やソフトドリンクにも力を入れています。缶コーヒーのBOSSとかお茶の伊右衛門とか愛用してるやろ。加えて、健康食品とかサプリにも力を入れてはりますね。私はサントリーのセサミン飲んでますよ。最近ではホームセンターとかでサントリーの本気野菜とかの苗とかも見かけます。私は夏場ここのライムホルンというま、ピーマンの一種かと思いますが、育ててますよ。

 サントリーのモットーは「やってみなはれ」。社員の意見を頭ごなしに「そんなもんあっかい!!」じゃなくて、まぁ、いっぺんやってみぃや~のように社員の意見にも耳を貸す姿勢が、酒づくりだけでは様々な分野でビジネスを展開させているのでしょうね。

 今後の、検討を祈ると同時に、大阪の地を去らないようにお願いします。

サントリー:http://www.suntory.co.jp/

ハイボール
ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

  1. 蕎麦は信州 より:

      学生時代から「ホワイト(1級)」が中心やったなぁ。
     贅沢じゃなくて「レッド(2級)」では翌日が辛かった。
     下宿で氷が無くて…。
     「純生」も出始めで、学祭では値引き率が1番良かったのを思い出します。

  2. 大坂太郎 より:

    コメント毎回ありがとうございます!!
    お酒で1級とか2級。懐かしいですね! 白札・赤札、それぞれ1級・2級。蕎麦は信州さんのコメントを読むと色々と思い出します。

タイトルとURLをコピーしました