岸和田界隈5 紀州街道パート2      -南海本線沿いを行く-

 先週は、岸和田の紀州街道、欄干橋のところまで来ました。本日は大通り(岸和田港塔原線)を渡って、さらに南に向かいます。欄干橋からすぐに見えるのがこれ↓
四十三銀行
旧四十三銀行・岸和田支店。大正9年の建築物です。四十三銀行は和歌山の会社です。現在は解体されてますよ。その後持ち主は変わりましたが、現在も銀行として使われています。ほとんど、建築当時の姿らしいですよ。貴重ですね。こんなものも残されてますよ↓
四十三銀行の自転車置き場
これ何かわかりますか?自転車止めるやつですよね。私が子供の時はよく見かけましたよ。
 それでは、この奥に参りましょう。そうそう、こないだかしみん焼きの記事を載せたと思いますが、このあたりにも有名店があります。今日、歩きますのは1枚目の写真の左側。一方通行の標識出ている道です。ここちっと入ったとこに、「おがわ」いう肉屋さんあります。そこに右側入る道ありますから、そこ行ってください。ほな、「鳥美」いう店ありますわ。小さい店です。ここがかしんの有名店のひとつですね。ただし、常連さんでいつも混んでる見いですけど。

 紀州街道へ戻ります。ま、こんな感じ↓
紀州街道S路カーブ
 これ、岸和田のだんじりでよくでてる魔のS路カーブかな?たぶん。
紀州街道 S路の後
岸和田自然博物館
そして、ここが本日の最終目的地の岸和田自然資料館でございます。ここは岸和田の自然に関する歴史など勉強できますよ。ここの建物もなかなか立派な建物でしたよ。岸和田には歴史を感じさせる建物がたくさん残って、また街並みなどからもかなりその歴史を感じることができます。こういった歴史建造物は大阪市内にあるものと比べても、決して見劣りしません。お時間がございましたら、ぜひ岸和田へ行ってみてください🤩
 次回は本町へ参ります。

ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました