高槻界隈5 芥川宿と西国街道 ◆阪急・京都線沿いを行く◆

 さて、本日は芥川へ参ります。阪急高槻市駅というよりはJR高槻駅の方が近いかな~。芥川は西国街道の宿場町で、江戸時代にはたいそう栄えたそうです。城下町の高槻、宿場町の芥川、そして寺内町の富田という三か所の重要な土地があり、現代ではこれらすべての町は高槻市となっています。ま、やっぱ、現代でも発展する地域は昔からなんかあるんですよね。
 さて、JR高槻駅の周辺の景色覚えてはります?こんな感じ↓
アクトモール
ここずっと通って行くと、今度は芥川商店街になります。
芥川商店街 入り口
芥川商店街
ここの商店街を抜けて右方向に参りますと、ちょっと昔ぽい感じの通りになります。


芥川宿1
芥川宿2
他に一里塚も残っています。
芥川宿 一里塚
一里塚とは一里ごとに、まぁ~、道しるべというか旅人がどのくらいの距離を旅したかを図るための印ですな。ここは芥川宿の東口に位置するようです。
 この芥川宿は17世紀ごろに完成したと言われています。すごい前の話のように思えますな。
 次週はもう少しこのあたりを歩きます。

ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました