茨木市界隈1 いばらきと読むねん  ◆阪急・京都線を行く◆

 さて、阪急・京都線を行くシリーズですが本日から濃い十三を離れて、茨木市に参ります。
茨城市駅
茨城市駅 外観
茨木市は大阪市の北に位置し人口27万人以上の大きな町でございます。大阪の梅田まで特急で行くと20分弱と利便性もよろしいです。町の名の由来はイバラの木がたくさん茂っていたことだといわれます。大阪府内内では重要な街ですよね。
 これからしばらく、この茨木市を探検します。駅中に観光案内所がないのがちょっと痛いですが、まずは駅前から。ここの駅はかなり大きいですよね。ま、大阪でも有数のベッドタウン的な機能を持っていますから、納得できます。駅前の商店街も大きいですよ。
 その前に、駅近くで有名なラーメン屋さんへ行きます。らーめん鱗と言います。
らーめん 鱗
塩かメインのラーメン店です。高槻のあす流というお店の系列とか。お味の方は行列ができるだけのことはあって、おいしいですよ。塩ラーメンがこんなにうまいとはという感じですね。


 さて、腹ごしらえも終わっていよいよ出発です。この茨木という街も歴史がるんでしょうね。商店街が大きいです。一番気になるのはこれ↓
阪急本通り
西口の方です。阪急本通と書いてありますが、見た感じ、どうも古いですよね。茨木市も最近ベッドタウン化されたと思っている方も多いかも知れませんが、かなり歴史のある町でございます。ま、ここらは城下町ですので、色々と入り組んでいるらしいのですが。さてさて、どうなりますことやら。

ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

  1. 蕎麦は信州 より:

      「いばらき」か「いばらぎ」かは県名でも紛らわしいとおもうんですが・・・。
     よく「大阪のいばらぎ」って念を押されます(笑)。

  2. 大坂太郎 より:

    そうなんですよね。その点について、もう少し説明した方がよかったですかね。

タイトルとURLをコピーしました