富田林界隈を行く1 富田林のシンボルって? ◆近鉄・南大阪線を行く◆

 さて、今週から毎週月曜日の街ブラは近鉄、南大阪線・長野線・道明寺線のいくつかの駅を中心に歩きたいと思います。代表して近鉄・南大阪線ということにしますよ。
 とりあえずは、南河内のから大阪市内に登って行くかっこをとります。まずは長野線の富田林に参りましょう。長野線の本来の終点というか始点は河内長野駅ですが、河内長野についてはだいぶんと前ですが特集していますので、今回は河内長野の次の大きな駅ということで富田林を行きます。河内長野についてはブログ内の検索(左斜め上)という所から検索してみてください。
富田林駅
 富田林についてちょっと情報。人口約11万3000人。金剛山地に面していることから市の東側は今も田園風景か広がり、きれいですよ。この夏の時期は緑が力強くて素晴らしい光景です。そんなわけで、かつては主な産業はおそらく第一次産業やったと思いますが、現在では中小企業の団地が作られ様々な業種の企業がございます。私の子供の頃からの友人もその企業団地に得意先があるらしく毎日行ってるようです。
 交通機関は近鉄・長野線の富田林、富田林西口、川西、そして滝谷不動などの駅が富田林になります。また、富田林市の西側は住宅地になっており、この辺りにお住まいの方は南海電車の金剛駅とバスを利用される方が多いですね。したがって、南海高野線は金剛駅を利用する人が多いです。金剛駅でどかっと人降りるみたいですよ。金剛についても以前このブログでご紹介しています。よかったら検索してみてください。
 ま、富田林と言えばやっぱりこれでしょう。
PLの塔
PL教団の本拠地があります。公式名はパーフェクト・リバティー教団。目標は世界の人々の平和と福祉に貢献することだそうです。PLで私らの世代で思い浮かべるのは高校野球の常連にここの関連のPL高校があったこと。巨人で活躍した清原、岡田選手、そして現役の阪神タイガースの福留選手など多くのプロ野球選手を育てた学園でした。今は休部となってるようですが。悲しいですね。あと花火は世界的にも有名ですよね。すまん今年はもう終わってもたがな。写真もないねん花火の写真は難しいでの… 近年規模こそ小さくなった感がありますが、毎年PL花火の頃はこの辺りのお店は臨時休業。コンビニ各店は花火モードの商品を売ります。


 もひとつ、富田林で有名なのは富田林の寺内町ね。これも以前に記事にしていますが、何回やってもここはいいです。ほんとに戦国時代とか江戸時代にタイムスリップしたかんじがしますよ。まぁ、ちょっと写真でも。
寺内町1
興正寺 別院
    (興正寺・別院 ↑)
富田林寺内町3
寺内町4
どうです?なかなかのもんでしょう。我が大阪府が誇る観光客が見て喜びそうな歴史スポットですよね。大阪城が外国人観光客には人気らしいですが、はっきり言ってあれはレプリカ😀 こっちは昔のまま。
 富田林・寺内町の起こりは戦国時代。当時この辺りは主戦場のひとつであったようで、いわば自己防衛のために造られたと言っていいでしょう。興正寺・別院を中心とした宗教自治地区がその始まりですね。のちに、様々な商家を生み商業都市として発達します。
 ここへ来るたびに思うのです。もっと観光客来てもええんちゅの‼ 富田林の駅降りると目の前からスタートなんで外人さんのツーリストにもわかりやすいと思うんですけどね。それから、もっと言えば日本人の観光客ももっと来たってほしいと思います。大阪南部は正直大阪北部に比べると出遅れ感があります。しかし、実は大阪南部は歴史を学ぶにはうってつけなんですよね。もっともっと観光で訪れてほしいと思います。このお盆とかどうですか?近鉄長野線・富田林駅からすぐですよ。
 来週は寺内町をもうちょっと探検してみます。

ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

  1. 蕎麦は信州 より:

      マンション建て替える前は自由に屋上に上がれたので、PLの花火も初日の出も見えたんですが・・・。
     そういえば、堺の古墳群が世界遺産候補で話題になってますが、大阪南部の歴史的な遺産は他にも多いと思います。
     大阪も能勢や千早みたいに、昔ながらの長閑な風景と自然の残っている所もいっぱいありますからねぇ。
     でも観光資源にするには地元の高齢化や過疎化とか、難しいんかなぁ。

  2. 大坂太郎 より:

    私も子供の頃、公団とかマンションの屋上から見ましたよ。大阪市内からもよく見えましたよね。
    やっぱ、高齢化ですか… 何とか大阪南部も村おこしさせたいところですが。