大阪弁クイズ Part 2  漫才師みたいやな ◆動詞◆

指示
2~3人で行われる短い会話を読んで、設問に答えてください。解答・解説は続きを読んでください。

男1: 課長、泉南繊維の軒、どうなりました?
男2: どうもこうもあれへんがな。おおじょうしとんねや😟
男1: なんか、こだま師匠みたいですね😅

設問
男性2の状況として最もふさわしいものを選んでください。
(ア)  八方ふさがり
(イ) 四苦八苦している
(ウ) 四面楚歌の状態
(エ) お手上げ状態


解答:(イ)
解説:

 「おおじょうしまっせ~」。どっかで聞いたことあるな。大木こだま・ひびき師匠ですな。「おおじょうする」は昔から大阪ではよく使われていました。というか、昔はよく使っていました。どれぐらい昔?私の祖父母の世代ですかね。
 色々な状況で使えますね。「困る」とか、「四苦八苦する」とかですかね。「どうしたらええねん!」という状況の時に使いますかね。こだま師匠の場合は大方、「困る」の意味で使ってますね。

ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

  1. 蕎麦は信州 より:

      「往生する」って、大袈裟ですよね(笑)。
     でも「死にそう」位は言いますね。
     命に係わるワードだけに最近はちょこっと気を付ける様にしてます。
     
     そして「熱中症」にも気を付けよう! 

  2. 大坂太郎 より:

    >>1
    大袈裟ですね。そこが大阪人の言葉の使いが面白いところだと思うのですが。

タイトルとURLをコピーしました