また一つ… 大阪の顔が… さらばアリバイ横丁!!

 阪神梅田駅にあります、そ~ですね、間口5メートル、奥行き50センチぐらいの出店みたいなとこ知ってます?通称アリバイ横丁。不倫のアリバイ工作に土産ものをここで調達して…てなとこからこの名が広まってますが、実際のところはようわかりません。 どんな人が利用してんのか不思議なエリアでございましたが、大阪人ならだれでも知っているエリアですわな。
 ホンマの名前は「阪神百貨店 ふるさと名産街」。全国の名産が立ち並ぶストリート。鳥取県名物、島根県名物、鹿児島名物等々… 昭和26年のオープンと言いますから、も何年営業していることか。60年以上ですかね。70年代とかはめっちゃ忙しかったらしいですよ。昭和の時代、大阪が東京とそう変わらない経済規模を持っていたという事実を踏まえると、おそらく、地方から大阪へ仕事で出てきたた人がここでふるさとの味を買い求めたていた姿は容易に想像できますわな、不倫のアリバイ工作やなくて。
 さて、このアリバイ横丁の営業が3月29日に終了しました。また、大阪の有名処が消えていく…随分と昔に
ネタにさせてもらったんですが…😅  あべのハルカスのようなスポットができたかと思えば、一方で昭和の愛すべきスポットが消えていきますな…😢😢 大阪遺産登録とかないんかな、ほんまに。
 ま、これも時代の流れでしょうか😢😢 阪神百貨店の建て替えやら、地下道の整備などの理由から平成26年3月29日をもって、営業終了。さらば、アリバイ横丁‼

ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

  1. 大阪人 より:

    ほんとうにさみしいですね。

  2. 大坂太郎 より:

    本当に…

タイトルとURLをコピーしました