葛井寺界隈2 歴史が古い! ◆近鉄電車沿いを行く◆

 さて、本日からしばらくの間、大阪府の藤井寺市というところを探索しましょう。藤井寺というとやっぱ古墳なんです。が、羽曳野と同様に、古墳は上空から見ないともひとつよくわかりませんので、割愛でございます。ちょっと情報だけね。藤井寺で一番大きな古墳は仲姫命陵古墳(なかつひめのみことりょうこふん)ですかね。住宅街に囲まれた蕃所山古墳。高速道道路の下にある赤面山古墳など、大小はございますがものすごい数の古墳があると思います。ま、歴史好きにとっては聖地とも言えそうな場所ですよね。
 さて、藤井寺駅周辺の探索でございます。

藤井寺駅
みなさんご存知かと思いますが、この葛井寺という町は近鉄バッファローズ(現在のオリックス)の本拠地、藤井寺球場があったんですよね。上の写真でいうと向かって左側に1分も歩いていけばそこには球場があったんですよね。現在は一部は学校になっています。モニュメントも立ってますよ。
藤井寺球場モニュメント
球場があったころはものすごく賑わっていたようですよ。
 今度は駅の写真で言うと向かって右側へ歩いていきましょう。先日話題いたしましたお好み焼き「志のぶ」を横切ると商店街に出ます。

志のぶ
藤井寺一番街
藤井寺一番館1
この中に観光案内所ごございます。この上の写真だと左の手前に赤字の看板が見えますよね。それです。商店街入ったとこなんで、すぐわかりますよ。ここで、色々情報をゲットできます。ここで聞いた話、藤井寺の隠れた名産としてうちわがあるようですな。
うちわ
戦国時代の武田信玄の軍師、山本勘助がこの地で情報を集めていたそうです。地元の人間も色々協力したみたいで、お礼に勘助がこのうちわの作り方を伝授していったそうですよ。
 話戻って、商店街をまっすぐ抜けてアーケードがなくなるとこんな感じ。

葛井寺近辺
占いや屋が多い!やっぱお寺さんの近所やからですかね。このすぐ左横に、西国三十三所五番札所・葛井寺があります。真言宗系のお寺さんですね。もともと葛井氏という渡来人系の一族の氏寺として建立されてようです。藤井寺では一番お参りが多いお寺だと聞きます。


 また、葛井寺の南大門を出て、しばらくまっすぐ進むとこれもまた話題にしました藤本雅一酒醸造がございます。
藤本雅一1
藤本雅一2
実は、この酒蔵がある近辺がなかなかいい雰囲気でして。ま、こんな感じです。
葛井寺 近辺2
葛井寺 近辺3
 また、葛井寺のすぐ近くに、辛國神社という神社もあります。
辛国神社 鳥居
辛國神社は物部氏のその一族の韓國氏(神社の由来です)の祖神「にぎはやのみこと」を祀ったのが起こりやそうです。にぎはやのみこと言えば、日本史では謎多き人物として知られてますよね。ども邪馬台国と関係がるような、知らんけど😀参道は大阪みどりの百選にも選ばれています。
辛国神社 本殿
しかしまぁ~、物部氏とか葛井寺の葛井氏かごっつう昔の話や。5世紀とか7世紀とかやろ。やっぱ南河内は歴史の深さが違う‼
 次週は長尾街道に行ってみます。

ブログランキング参加中です!!
ぜひ、ポチっとお願いします!!


大阪府 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました